digital hollywood Studio

気がついたら、どんどん買っていた!素敵なUI・UXのECモバイルサイト

衣服や日用品など日常生活に欠かせないさまざまなものを、インターネットショッピングで購入するのが日常になりました。

インターネットショッピングは手軽なため、欲しい物があったらついつい買いすぎてしまう、そんな体験をしたという人は結構いるのではないでしょうか?

今回はオンラインショッピング生活をより快適にしてくれるECサイトをご紹介します。秀逸なUI・UXを工夫する事で、ユーザーの購買意欲を揺さぶる魅惑のサイトへ、ようこそ!

購買意欲があおられまくり! UI・UXの工夫が逸材なECサイト

『GILT』

正規ブランド品が毎日安い、会員制ファミリーセール・サイト。

立地なデザインとビジュアライズされた写真が印象的です。

商品の大きな写真が見られるのも「どの様な商品なのか」がひと目で分かるので良いですね。

また「残り3日」のようにセールの残り時間がわかりやすく表記されているので、後回しではなく「今買っておかなきゃ!」という気持ちになります。オンラインでありながら実店舗でショッピングをしている様な気分を味わえます。

さらに、パソコンからの操作では各ブランドのページに飛べば、そのブランドは扱っている商品をいちいち商品ベージに移動する必要なくサイズ選択をして買い物かごへ入れるというスマートなショッピングが楽しめるのも素晴らしいです。

また、サイズや種類で商品を選別することができるのもユーザーの購買意欲を高める要因の一つでしょう。

『ユニクロ』

なんといってもスマホだと指でタップしやすいです。

横にスワイプするだけで商品を探せるため、検索ウィンドウを使わなくても欲しい商品を見つける事ができます。

商品毎に取り扱っているサイズや色の種類が視覚的にわかりやすく表記されているのも、好みの商品を見つけやすくしてくれています。

さらに商品を着用しているモデルさんの背丈と衣服のサイズも表記されているので服のサイズ感がイメージしやすく、衣類のオンラインショッピングにありがちな「思っていた大きさと違っていた!」というアクシデントも少なくなるでしょう。

期間限定販売の商品や値下げ中の商品は赤文字で表記されているのでユーザーの視線を惹きつけ興味が湧いてしまいます。ユニクロのロゴにも使われている赤色をサイトのアクセントカラーとして使うことでユーザーの視線を匠に誘導している工夫は是非学びたいポイントですね。

『ハピフラフラッグショップ』

集英社が人気アパレルブランドとコラボして、ファッションを提案するECサイトです。

デザインのあしらいや打ち出しに雑誌社ならではのセンスが光っており、商品が魅力的に見えます。

それぞれのファッション雑誌の内容に合わせてサイトに表示する商品やランキングが変わるため、それぞれの雑誌で掲載された商品が見つけやすいように作られています。「これ見たことある!」という記憶のある商品をついつい買ってしまうというユーザーも多いのでは?

商品の特集記事から直接購入ページへと飛べるので気になった商品をすぐに買えるよう導線が整えられていることも「ついつい買っていた!」という体験につなげる工夫でしょう。

まとめ 商品の質だけではない!UI・UXの工夫で売上を増すECサイト!

多くのアイテムをどの様に見せてどの様に買えるという体験がユーザーの購買意欲が上がるのか。そういった研究を続けているからこそ細部まで工夫された秀逸なECサイトを見てきました。

実店舗には実店舗の、ECサイトにはECサイトのといったように、それぞれの場面に最適な工夫があるようです。

このような有料サイトの工夫を学び、さらに研究をすることで良いECサイトを作り出す第一歩を踏み出しましょう!

(2018年2月18日公開した記事を2021年6月10日改訂しました)

UI・UX カテゴリーに含まれる最新記事

スクール説明会予約
ページトップへ