digital hollywood Studio

スマホ連携文具の仕事活用術【オススメ3選】

スマホ普及率が高まるにつれて、スマホ連携文具も多種多様になってきています。それに伴い、「こんなものがあったらいいな」をたくさん具現化してきました。
今回は、デジタルとアナログの融合、スマホ連携文具の活用術をご紹介します。

名前のまんま!

ペンてる AnkiSnap スマホでスクラップ

マーカーで囲んだところを、アプリで撮影すればスクラップできるという優れもの。
紙資料を捨てる前提でデータ化したいときには、とっても役にたつのだそう。
そう……実は、まだ使ったことがありません。ただ、知り合いが使っているのを見て感動。
ノマドワーカーの彼女は、いちいちプリンターでスキャン⇒デスクトップ整理がめんどくさいということで、フル活用。
でもスクラップしまくると、マーカーだらけになるような気も……(笑)

マーカーで囲まなくても書類をデータ化

キングジム SHOT DOCS

書類をキレイなまま、しかもデジタル化しやすそうな文具がこちら。アプリを起動し、SHOT DOCSというファイルに書類を入れて撮影。それだけで、画面サイズにぴったりはまるように自動補正してくれるんですって!
データをクラウドで共有したりできて、便利そうですね。

アイディアのメモをデータ保存

スーパークラシック 保存するメモ帳 abrAsus Evernote

 

いかがでしたか?でもこれだけ仕事にスマホを駆使すると、スマホを落としたときの痛手は相当なもの。情報が漏洩しないようセキュリティ対策はもちろんのこと、PCへもデータ保存するなどデータ消失の対策も万全に。

持ち歩く紙が減れば荷物が軽くなるので、個人的には「紙書類が多い!」と嘆く紙文化の人にこそおすすめしたい文具です。

エンタメ カテゴリーに含まれる最新記事

スクール説明会予約
ページトップへ